株式会社がんばる

メニューとじる
特定商取引に基づく表示環境方針 / 個人情報保護方針

施工実績
WORKS

制震・耐震

「転ばぬ先の杖」耐震ダンパーの施工
枚方市 K様邸

2019年9月、枚方市のK様の邸宅にて、耐震ダンパーの施工を行いました。

耐震ダンパーとは、弾力のあるゴムや油圧をつかった器具で地震の揺れを分散し、家屋へのダメージを減らすことのできる装置です。

日本はご存じの通り、世界にも例をみない“地震大国”です。複数のプレートにまたがっているこの国では、マグニチュード6.0以上の大きな地震が全世界の20%も発生しているのです。

地震対策には3つの工法が挙げられます。それは『免震』・『制震』・『耐震』です。免震は地震の揺れを建物に伝えないようにする工法、制震は地震の揺れを吸収する工法、そして耐震は字の通り、地震の揺れに耐えるための工法です。

耐震ダンパーを施工することで「建物の耐震力の維持」「家具が転倒することによるリスクを回避」することができます。

耐震力の維持:地震だけではなく強い台風による揺れで家屋には少しずつですがダメージが蓄積されていきます。弱くなってしまった家屋に大きな揺れが襲うと、最悪は倒壊といった重大な被害の恐れが出てきてしまいます。耐震ダンパーによる揺れの分散で、家屋へのダメージを軽減することが可能となります。

家具の転倒リスクを回避:地震の被害の多くは家具類の転倒・落下による負傷です。例えば食器棚が倒れてしまうと、中に保管していた食器が割れてしまいます。その破片でケガをしてしまうケースが多いのです。耐震ダンパーの施工でそのようなリスク回避も期待できます。

地震の被害は“非日常”なため、普段はなかなか意識することができません。「転ばぬ先の杖」ということわざがあるように、普段から防災意識を高めるためにも耐震ダンパーの施工をオススメしています。

一覧へ戻る

ずっと安心!おうちまるごとメンテナンス

  • 出張費が無料
  • 年1回メンテナンス
  • 工事10年保証 等々
詳しくはこちら