ホーム>業務案内>環境・エコ商品>蓄電池

蓄電池

蓄電池

蓄電池のメリット

  • 停電時も電気が使える
  • 電気料金を削減出来る
  • 太陽光発電した電気を夜も使える
  • ピークカット(電力会社から買う日中の電力量を抑制すること)などができ、電力不足に対応できる

単体で使用する場合、夜間の割安な電力を充電して昼間に使用するなど、賢く電気代を節約できます。
さらに太陽光発電システムと連携させれば、発電して余った電力を蓄電したり、発電量の少ない時間帯に、蓄電池から供給したりと便利さが広がります。

太陽光発電+バッテリのある生活

昼

昼間

太陽光発電の電気を利用。
余りがあればバッテリに貯める

昼間、太陽光発電出来るときは屋根のソーラーパネルで作った電気を家で使ったり、バッテリに貯めたりします。
太陽光発電だけでたりなければ電力会社から電気を買います。

夜

夜間

バッテリの電気を利用。不足分は電力会社から買電

夕食時間や団欒時間は電気消費量が大きくなります。
この時間帯は主にバッテリに貯めた電力を使います。
足りない分は電力会社から電気を買います。

深夜

深夜

安価な深夜電力をバッテリに貯める

寝ている間、安い深夜電力を電力会社から買って、これをバッテリに貯めます。

非常時にも安心

停電時には非常用電源として使用出来るのでTVや照明などが使用でき安心です。

逐電システムがあれば、もしもの時安心して電気が使える!

ページのトップへ戻る