ホーム>私たちについて>2.経済性
私たちについて

2.経済性

CO2削減でゆとりある暮らしを!

 

チャレンジ25キャンペーンを実践することで、国からの多種類の援助が得られます。

太陽光発電システムとオール電化の暮らし!

太陽光発電を設置すると、光熱費の大幅な削減が期待できます。
オール電化と太陽光発電を組み合わせれば、発電した電気をさらに有効に使え、大幅な光熱費の削減が期待できます。

太陽光発電システム

太陽光発電

昼間に発電して余った電気は売ることができます。

日中、発電した電力を自宅の電灯や電気製品に使うほか、余った電気は電力会社に売却することができます。
もちろん、夜間や悪天候時には通常通り電力会社から電気を購入。この売却(売電)と購入(買電)の電力単価はほぼ同価格です。

※1:電気+都市ガス併用との比較。(太陽光発電システム 4.2kW 真南設置・設置角度30度、全国平均)

光熱費の比較イメージ

光熱費の比較イメージ

オール電化組み合わせ

オール電化契約にすると太陽光発電を有効に活かせます。電気料金を昼間(デイタイム)、朝・夕(リビングタイム)、 夜間(ナイトタイム)で料金基準を変えて計算する電気料金契約です。オール電化契約の時間区分の一例(関西電力の場合)

グラフ

オール電化なので、もちろんガス代は0円という事でなくなります。
(オール電化とは家庭で必要なすべてのエネルギーを電気でまかなうことです。)

チャンス

家庭から購入価格2倍に

太陽光電力 倍額で売れます

家庭や企業の余剰分、電力会社に購入義務

経済産業省は24日、家庭や企業、学校が太陽光を利用して 発電して余った電力について、電力会社に買い取りを義務づける 新制度を導入すると発表した。 電力会社は現在、自主的に余剰電力を約24円(1キロワット時当たり)で購入しているが、 価格を2倍に引き上げて10年程度の長期買い取りを義務付ける。 余剰電力の販売で設備設置費用の負担を軽減して、普及を促す。

政府は早ければ2010年度の施行を目指す。政府は1月から、 家庭用の太陽光発電設置に1世帯あたり21万~25万程度を補助している。 経産省の試算では、一般的な家庭で、国や地方自治体の補助金を活用し、 余剰電力の販売収入を見込めば設置費用を約10年で回収することも可能だという。

ただ、電力会社は、買い取り費用のコスト増を、一般の電気料金に転嫁する見通しで、 1ヶ月の電気代は標準的な世帯で数十円~100円程度、値上がりする。 政府や電力会社が、電気料金の値上がりにどう理解を求めていくかが課題だ。

読売新聞 2009年(平成21年) 2月25日 記事文引用

ページのトップへ戻る